ワキガ対策クリームで臭い悩みを解消!

20代前半から始まるワキガについて

ワキガといえば中高年のおじさんをイメージしますが、実は20代前半の女性にも多い悩みのひとつ。ワキガは10代後半から始まり、ある日突然気が付く人もいるようです。20代前半のワキガとはどんなものか、早速特徴を見ていきましょう。

 

20代前半から始まるワキガについて

20代前半のワキガの特徴とは

 

  • 体の成長と関係している
  • 遺伝でもともとワキガ体質
  • 生活習慣の乱れにより臭いが強くなる

 

以上の点をそれぞれ見ていきましょう。

 

20代のワキガは体の成長と関係しているの?

ワキガは10代後半から20代前半で始まることが多いようですが、年齢層によってワキガが強くなる原因は多少異なります。10代はご存じのようにまだ体の発育途中。ホルモンバランスも不安定のため体臭自体が強くなる傾向があります。朝起きた時からすでにワキガが気になることもありますよね。

 

20代前半は体の発育の遅れにより、ワキガに気が付くのが遅くなる人もいます。成長期は体の代謝が活発なため、汗をかきやすいことが特徴。思春期や20代前半はワキガ原因になるアポクリン汗腺が活動を始める時期でもあります。

 

そのため突然臭いが気になるようなイメージがありますが、成長の段階でこの年代は臭いに気が付きやすくなるのです。

 

親がワキガだと子供にも遺伝する可能性あり

ワキガと遺伝は関連性があります。体の汗腺の数は生まれつき人によって数が異なり、親から遺伝するといわれています。両親がワキガの場合は子供がなる可能性が大きいため、正しい臭いケアをすることが必要になりますね。

 

アポクリン汗腺の量が人よりも多いからといっても、必ずワキガが強くなるとは限りません。普段のケアの方法によって臭いを抑制することは可能なのです。

 

大切なのは家族にワキガの人がいるかどうか、自分がワキガになる可能性を認識しておくこと。ワキガは洋服に残る黄ばみなどが見分るポイントのひとつになりますので、10代後半から20代にかけては臭いだけでなく洋服のシミなども注意しましょう。

 

生活習慣の乱れは体臭原因

思春期や20代の前半は生活習慣も乱れがちになります。睡眠不足はホルモンの働きを乱す原因になり、皮脂が過剰に分泌される原因です。

 

すると汗と混ざり臭い菌が繁殖しやすくなりますので、ワキガの方は生活習慣にも注意しないといけません。

 

また食生活の乱れも見直したいことの一つ。スナック菓子や加工商品など食品添加物が多い食べ物は、体内に老廃物が蓄積される原因になります。栄養バランスを整え規則正しい生活を送りましょう。

関連ページ

洋服からシミが消えない時はどうしたらいいの?
ワキガのアポクリン汗腺からでる汗は、皮膚についた雑菌や汗に含まれるたんぱく質により、とても粘ついた独特の質が特徴。そのため衣類に汗染みがついてしまうことは、女性にとっても悩みの一つです。こんな場合はどのような対策を取ると良いのでしょうか。
ワキガをすぐに消す方法を教えて
大勢の人が集まる場所やデートなどの大切な時。ふっと自分のワキガが気になり始めると、何も手がつかないほど不安になりますよね。こんな突然の場合、ワキガをすぐ消す方法をご紹介したいと思います。
洗い過ぎは臭いの原因になるって本当?
ワキをごしごし洗っても臭いを止めることはできません。逆に洗い過ぎはワキガの原因にもなりますので、正しい方法で肌のケアしましょう。そこで早速ですが、ワキガ対策に効果がある体の洗い方をご紹介したいと思います。
ワキガ対策はどっちがおすすめ?クリームVSスプレー
スプレータイプは手軽に使える制汗剤として一般的ですが、ワキガのような強い臭いにはあまり効果がないこともありますよね。では人気のワキガ対策のクリームとスプレータイプはどっちがいいのか、それぞれのメリットとデメリットを見ていましょう。
クリームを上手に使うコツについて
ワキガ対策のクリームは人気ランキングでも種類が多く、どれにしようか迷ってしまいますよね。そもそもクリームタイプの制汗剤は、使い方のちょっとしたコツを生かすことでさらに効果が発揮できます。ではどのような点に注意したらよいか、ワキガ対策のクリームの使い方のコツを見ていきましょう。