ワキガ対策の基本は「清潔」。でも洗い過ぎには注意!

洗い過ぎは臭いの原因になるって本当?

ワキをごしごし洗っても臭いを止めることはできません。逆に洗い過ぎはワキガの原因にもなりますので、正しい方法で肌のケアしましょう。そこで早速ですが、ワキガ対策に効果がある体の洗い方をご紹介したいと思います。

 

洗い過ぎは臭いの原因になるって本当?

ワキガ対策に良い体の洗い方は

 

  • ごしごし摩擦しない
  • デオドラント効果のある石鹸を使う
  • お風呂上りに制汗剤を使って臭い予防

 

以上の3つの注意点を意識してみましょう。

 

ごしごし洗うと臭いが強くなる理由について

ワキはいつも臭いが残っているような心配がありますよね。お風呂に入ってワキだけごしごし擦っても、これでは逆にワキガが強くなる原因。肌は摩擦するとバリア機能が弱くなりますので、皮膚の水分は蒸発しやすくなり乾燥する原因です。

 

乾燥すると肌の働きにより皮脂が多く分泌されるため、汗の成分と混ざり臭い菌が増殖しやすくなってしまいます。そこでワキガの方は体を洗う時に摩擦しないように注意しましょう。

 

目の粗いボディタオルなどは皮膚を傷つけて、雑菌が入りやすくなってしまいます。肌が荒れている状態で制汗剤を使う刺激となりかぶれやかゆみの原因にもなりかねません。タオルなど柔らかい生地で優しく洗いましょう。

 

雑菌・消臭成分が配合されたボディソープを使う

ワキガを予防するには、体をいつも清潔にしないといけません。お風呂に入らないと体に残った汗やたんぱく質、皮脂により臭いはどんどん強くなってしまいますよ。

 

ワキガはしっかり洗ったつもりでも、すぐに臭いが発生することがありますよね。そこで臭いを効率的に予防するためには、臭い菌の繁殖を抑えるために雑菌や消臭成分が配合されたボディソープを使うとよいでしょう。ワキガはあらゆる角度からアプローチするとさらに効果がでやすくなります。

 

皮脂や皮膚の雑菌は普通のボディソープでは綺麗に落とせない場合もありますので、ワキガの人は制汗剤だけでなくボディソープにもこだわってみましょう。

 

予防対策はお風呂上りに制汗を使うこと

ワキガ対策はお風呂上りがとても効果的。入浴後は汗をかきやすいため、タオルでふき取っても汗の成分は皮膚に残ってしまいます。

 

このまま寝てしまうと夜中に皮脂やたんぱく質により臭い菌が繁殖してしまうため、朝になるとすでにワキガの臭いが強くなってしまいますよ。お風呂上りに制汗剤を使い寝ている間の汗の対策をしましょう。

 

寝ている間はホルモンの分泌が活発になっているため汗をかきやすい状態。ここで適切な制汗剤を使った臭い予防が重要なのです。

関連ページ

20代前半から始まるワキガについて
ワキガといえば中高年のおじさんをイメージしますが、実は20代前半の女性にも多い悩みのひとつ。ワキガは10代後半から始まり、ある日突然気が付く人もいるようです。20代前半のワキガとはどんなものか、早速特徴を見ていきましょう。
洋服からシミが消えない時はどうしたらいいの?
ワキガのアポクリン汗腺からでる汗は、皮膚についた雑菌や汗に含まれるたんぱく質により、とても粘ついた独特の質が特徴。そのため衣類に汗染みがついてしまうことは、女性にとっても悩みの一つです。こんな場合はどのような対策を取ると良いのでしょうか。
ワキガをすぐに消す方法を教えて
大勢の人が集まる場所やデートなどの大切な時。ふっと自分のワキガが気になり始めると、何も手がつかないほど不安になりますよね。こんな突然の場合、ワキガをすぐ消す方法をご紹介したいと思います。
ワキガ対策はどっちがおすすめ?クリームVSスプレー
スプレータイプは手軽に使える制汗剤として一般的ですが、ワキガのような強い臭いにはあまり効果がないこともありますよね。では人気のワキガ対策のクリームとスプレータイプはどっちがいいのか、それぞれのメリットとデメリットを見ていましょう。
クリームを上手に使うコツについて
ワキガ対策のクリームは人気ランキングでも種類が多く、どれにしようか迷ってしまいますよね。そもそもクリームタイプの制汗剤は、使い方のちょっとしたコツを生かすことでさらに効果が発揮できます。ではどのような点に注意したらよいか、ワキガ対策のクリームの使い方のコツを見ていきましょう。